• ホーム
  • 温泉でリウマチ症状を緩和することは可能?

温泉でリウマチ症状を緩和することは可能?

リウマチは関節の痛みなので、移動をする時に問題が起こります。
症状を緩和する時には温泉が使われますが、関節の痛みに対して十分な効果があります。
温泉から得られるのは温熱効果で、体全体を温める事によって血管拡張が起こります。
この症状は炎症によって起こるため、血行が改善すれば痛みを小さくできます。
温熱効果はリウマチの血行の問題を良くできるので、症状の緩和に使えます。

温泉には別の治療の効果もあって、それは、体が浮くので負担を減らせる点です。
関節の痛みは体に負担がかかって起こるので、体の負担が減らせれば痛みも小さくなります。
浮力による作用はリウマチの問題を抑え、関節の負担がなくなるので効果的です。
体が浮くことによってリラックスした気持ちになり、ストレスを減らすこともできます。

利用する温泉による違いはそれほどはなく、泉質はどれを選んでもメリットを得られます。
ただ、放射能泉が効果があるといわれているので、それを利用する方法があります。
放射能泉は放射線の影響によって、体の中にある炎症を抑える効果を持っています。
リウマチは関節の炎症が原因で起こる問題ですから、放射能泉は治療に向いている温泉です。

お湯に入って症状を緩和する方法は、精神的な面でも効果があります。
特に自律神経を安定させられるので、リウマチの症状を良くできます。
関節の痛みはストレスが原因で起こる場合もあるので、精神的にリラックスすることは大切です。
温泉にはそのような効果もありますから、治療のために利用できます。

治療のために温泉を使うことは可能で、体を温め負担を減らせるので効果を得られます。
ただ、温泉は刺激もあるので、利用する所は選ばなければいけません。
リウマチは関節の炎症が原因ですから、お湯の温度が高い所は向いていません。
低めの温度で刺激の弱い所ならば、十分な治療効果を得られます。
リウマチの症状は温泉を使うと良くなるので、痛みが気になっている方に向いています。

リウマチを改善するにはストレスを溜めないことも重要

リウマチによる痛みの緩和には、温める事が非常に有効です。
温泉による治療を考えたときには、泉質をよく選ぶ事も大切ですが、温熱効果による血管拡張での痛みの緩和が期待できます。
リウマチをはじめ膠原病患者の多くは、血液の循環が悪いことが分かっています。
温泉での治療を続けることにより血液循環の改善も期待できます。
水中の浮力により全身の負荷が減り、筋肉や関節が緩むため血流が良くなります。
また、体を温めると細胞を修復するタンパク質であるヒートショックプロテインが体内で増えるため、リウマチの症状で壊れた細胞の修復が進みますので、関節の破壊を進行させない効果も期待できます。

リウマチの症状はストレスが関係していると言われ、ストレスにより自律神経が乱れた状態が続くと、症状が治まらず病気の進行も早まってしまうと言われています。
そのため、病院でもストレスをためないようにと医師から指導されます。
その事からも自律神経の安定は非常に大切であり、温泉を利用してのリラックスは、精神的な面からも治療に有効です。
自律神経は交感神経と副交感神経にわかれており、普段活動している時は交感神経、睡眠中やリラックスした状態の時は副交感神経が優位な状態になりバランスをとっています。
リウマチ患者は交感神経が優位な状態に傾いてしまっている事が多く、温泉の利用でリラックスし、副交感神経を刺激できる時間はとても有効です。
また普段の生活でもリラックスを心掛け、ストレスをためない事で血管の拡張が行われるため血流の改善にも役立ちます。
そのための第一歩として温泉の利用により、副交感神経を刺激して自律神経を整えていく事は、非常に有効な治療方法です。