• ホーム
  • 糖尿病が原因である頻尿の改善について

糖尿病が原因である頻尿の改善について

頻尿で眠れないといった人は糖尿病が原因の場合があります。
頻尿というのは1回あたりの排尿量が少ないにも関わらず、頻繁に尿意をもよおしてしまうことです。
一般的に水分を多く摂り過ぎてしまうとトイレの回数が多くなりますが、これは排尿量は正常です。

頻尿は1日に8回以上も尿意をもよおして、排尿量が1回200cc以下と少ないという特徴があります。
頻尿はそのまま放置しても命に関わるような病気ではないため、問題とならないことがありますが、実は頻尿を起こしている原因として糖尿病になっている場合があるのです。

夜中に尿意をもよおすことで睡眠に障害が出ていると、これが日常生活において弊害を生じてストレスを生み出して集中力を妨げるのです。
夜間に尿意で何度も目が覚めてしまい不眠になるため、早めのコントロールが必要です。

男性も女性も頻尿によって不眠になるケースがあり、頻尿の改善にはその原因を掴むことで、糖尿病が原因となる場合や前立腺の疾患によって引き起こされる場合があります。
また、ストレスは大きな影響をあたえ、膀胱は筋肉に覆われているためストレスがかかって緊張状態になり、筋肉が圧迫され尿意を感じやすいです。

尿意そのものは回数が多くても命に関わるものではありませんが、トイレに行く回数が増えてしまい、不眠になることがあります。
改善する方法は、生活環境を変えてコントロールします。
糖尿病が進行してしまうと末梢神経障害を起こし膀胱にも障害が出ます。
塩分の摂りすぎも頻尿に大きな影響を与えるため、できるだけ塩分を排出することができる成分や水分を摂る必要があります。

これらの生活環境を変える方法とあわせて、薬による治療が効果的です。
薬はグルコバイやメロセットがあり、頻尿をはじめとする尿意のトラブルは日常生活の質を低下させます。
治療に時間もかかるため、薬による治療は効果的でもあり、泌尿器科医などで診察を受けて、生活環境を改善しながら薬による治療を行うと効果的です。

頻尿で眠れないことが続くならメロセットがおすすめ

糖尿病が原因の頻尿で不眠に悩まされているという人は、メロセットを利用してみるのがいいかもしれません。
メロセットはメラトニンという成分を主成分とするサプリメントで、睡眠をサポートしてくれる効果があります。
メラトニンは睡眠ホルモンと呼ばれることもある体内物質で、脳内で自然に分泌されています。

メラトニンは体内時計に働きかけ、覚醒と睡眠を切り替える働きを担っています。
メラトニンには自然に眠りを誘うような作用があるため、分泌量が少ないと眠りが浅くなってしまうのです。
それにより、夜中に何度も起きるといったことが起こりやすくなります。
また、メラトニンには抗酸化作用があり、細胞の新陳代謝を促す働きも持っています。
疲労を回復させる効果があるので、アンチエイジングにも効果的です。

メロセットを服用することで不足しているメラトニンを補うことができ、頻尿で何度も夜に起きてしまうといった不眠の症状の改善にも効果を発揮します。
不眠が続くと日中に集中力が低下してしまったり、体に倦怠感を感じてやる気が起きないなど日常生活に支障が出てしまうこともあります。
メロセットは睡眠を誘発するのとは違って、睡眠に入りやすい体の状態に導いてくれるサプリメントになります。

ただし、糖尿病が原因の頻尿の場合には、根本的な原因を改善しないと排尿がコントロールできない状態は続いてしまいます。
ですからグルコバイなどの糖尿病を改善する薬を服用したり、塩分の摂りすぎを控えるといった生活習慣の見直しなど糖尿病の治療を併せて行う必要があります。
糖尿病は気付かぬうちに進行し、いつの間にか末梢神経に障害が出ていることもあるので日頃から気を付けておくことが重要です。